こんぺいとうの夕べ

移住生活のこと、仕事のこと、セラピーのこと、自分のこと、ラフにかいています。

シフォンケーキはいかがか。(レシピあり)

こんにちは!

きょうも元気に#stayhome

こんぺいとうのゆうべ はるかうです。

 

簡単にできる(たぶん)シフォンケーキをご紹介します。

今回は流石にオーブン使います。

 

f:id:kau4521:20200421180004j:plain

ふわふわもっちりのケーキ♪

 

 

【材料】

たまご 4つ

砂糖 70g(30+40)

中力粉(薄力粉) 80g

ミルク(牛乳やソイミルク) 50cc

 

あればバニラエッセンス 数滴

 

【作り方】

 

1、たまごは黄身と白身に分け、大きめのボウルにぞれぞれいれる。

  ★苦手なかたへ★

  手をお玉に見立て指はくっつかない状態で、たまごの黄身のしたにそっと潜らせたら静かに黄身を掬い上げる。

  ひとつずつ、丁寧におこなえば簡単に白身と黄身を分けることができる。

 

 

2、白身のボウルでメレンゲをつくる。

  30gの砂糖からひとつまみ入れ、泡立て器で泡立てる。

  残りの砂糖は2度にわけて加えながら泡立てる。

  砂糖で艶が出て、泡立て器を持ち上げたときにとろーんとしたツノができたらok

 

3、黄身のボウルに、40gの砂糖、バニラエッセンスを入れ泡立てきですりまぜる。

  さとうのジャリジャリがなくなり、白っぽくなったらok

  ミルクを加え、よく混ぜる。

  小麦粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

 

4、黄身の生地にメレンゲ1/4加え、よくまぜる。

  メレンゲの気泡はつぶれるが気にしなくていい。

 

5、今度はメレンゲのボウルに、黄身の生地の残り半分を加え気泡を潰さないようにそっとまぜる。

 泡立て器で下から掬い上げるように持ち上げ、生地が泡立て器のなかを通るように落とす、を繰り返すと簡単。

  もう半分も同様に行い、生地全体をなじませるイメージでまぜる。

 

6、シフォン型に流し込み、180度に余熱したオーブンで約40分焼く。

 

7、熱いうちに取りだし、瓶などにわっかの部分を引っ掻けて逆さまにして冷ます。

 

  

泡立てはハンドミキサーでつくったらより簡単ですよ。 

シフォン型で焼くのでシフォンケーキと呼んでいますが、シフォンケーキの特徴であるサラダオイル不使用なので実際はただのスポンジケーキかもしれません。

 

可能ならば是非中力粉を使ってほしいレシピです。 

もっちりします♪

 

個人的なおすすめフレーバーは、しょうがシナモンココアです。

 

 

*******

こんぺいとうの夕べ の旅するセラピスト、はるかかう(略してはるかう)です。

色を使ったカウンセリング形式のセラピー·カラーセラピーや、しゅわしゅわ炭酸発泡の入浴剤の手作り体験、満月と新月に仕込むハーブのオイル漬け·インヒューズドオイルの販売など、何気ない日々を特別にするお手伝いをしております。

モットーは毎日が特別でいいじゃない。

 

大阪府うまれで群馬県が実家です。

現在は旅先で働きながら生活しています。

 

移住生活のこととか、仕事のこととか、セラピーのこととか、自分のこととか、ラフに書いていく予定。

気楽にお付き合いください。

 

こんぺいとうの表記はひらがなですが、もし漢字にするなら金平糖よりは糖花だと思っています。

糖蜜を幾重にも重ねられたひとつぶをゆるやかに溶かしていくような、夕方におうちでまったりと1日を思い出すような、穏やかな時間をあなたに。