こんぺいとうの夕べ

移住生活のこと、仕事のこと、セラピーのこと、自分のこと、ラフにかいています。

荷物が多い理由。その3

一つ一つは小さいのに、すべて持ち歩くと沢山になってしまいます。

 

移住生活でこんなに荷物を持っているのはデメリットのような気もしますが、生活で我慢したくないと思い、悩んだ末に持ち歩いています。

 

そんな子達をご紹介。

 

エントリーナンバー3

 


f:id:kau4521:20200226001636j:image

 

 

ドライヤー。

髪を乾かすのに必須。

 

毛先15センチでかわいいは作れる!

って昔CMでみた!

 

あのCMのしょこたんかわいくて好きだったなー❤️

 

個人的に髪が長いのが好きでよく腰まで伸ばしているので、風速重視で選んだので結構大きめ。

 

ひとつひとつは小さいのに、という定義が既に崩壊し始めているのは内緒にしてくださいw

 

定期的に伸ばしてはバッサリ切る儀式をしているので、今はミディアムくらいです。

乾くのめっちゃ早いので重宝しています。

 

早く伸びないかなーって口癖。

 

たまに就業先のお風呂を借りることがありますが、備え付けのドライヤーの風の弱さに寝そうになりますw

 

 

*******

こんぺいとうの夕べ の旅するセラピスト、はるかかう(略してはるかう)です。

色を使ったカウンセリング形式のセラピー·カラーセラピーや、しゅわしゅわ炭酸発泡の入浴剤の手作り体験、満月と新月に仕込むハーブのオイル漬け·インヒューズドオイルの販売など、何気ない日々を特別にするお手伝いをしております。

モットーは毎日が特別でいいじゃない。

 

大阪府うまれで群馬県が実家です。

現在は旅先で働きながら生活しています。

 

移住生活のこととか、仕事のこととか、セラピーのこととか、自分のこととか、ラフに書いていく予定。

気楽にお付き合いください。

 

こんぺいとうの表記はひらがなですが、もし漢字にするなら金平糖よりは糖花だと思っています。

糖蜜を幾重にも重ねられたひとつぶをゆるやかに溶かしていくような、夕方におうちでまったりと1日を思い出すような、穏やかな時間をあなたに。